FDA勧告委員会との面談

最後の難関が食品医薬品局(FDA)勧告委員会との面談です。お客様の成功は、この面談戦略をそつなく実行することにかかっています。弊社は、FDA勧告委員会との面談に対する優れたマーケティングベースアプローチの先駆者であり、お客様がこの重要な折衝を切り抜けられるようサポートいたします。それぞれの勧告委員会には違いがあり、具体的なニーズや関心事があります。お客様が自社製品を論じる際には、この点に留意する必要があります。ProPharma Groupは、お客様の過去の申請における主要な問題点を把握し、今回の申請の重要な問題点を見極め、面談に向けた戦略を作成します。戦略は、FDA勧告委員会から提起されそうな懸念や、それに対応するためのデータを基に構築いたします。この戦略を基に、弊社はあらゆる情報を網羅し、理解しやすく、簡潔に示すプレゼンテーションスライドの作成をサポートいたします。委員会メンバーの多くは、面談前にこの情報に目を通すため、委員会メンバーが承認の妥当性を容易に把握できるようにする必要があります。次に、リハーサルを行って発表者の訓練を行い、すべての参加者の準備を整えます。最後に、お客様やキーオピニオンリーダー(KOL)とともに面談に出席し、必要に応じてデータやプレゼンテーション資料を提示いたします。

お問い合わせ


激しく変化する薬事規制に対応した製品コンセプトの市場導入へのサポートをお求めでしょうか?

戦略的・科学的アプローチを基盤とした30年以上にわたる薬事経験により、お客様を迅速に成功へとお導きいたします。詳細はお問合せください。業界で優位性を確保したいとお考えですか? 弊社が競争力を維持するお手伝いをいたします。


すべてのフィールドが必要です。
送信で問題が発生しました。以下にエラーがハイライトされました。