今すぐサポートが必要ですか? 弊社は現在、新型コロナウイルスによる新しい課題に取り組むために、世界中のクライアントと協力しています。何かお手伝いできることはありますか? 詳細はこちら >

探索ステージ支援

探索毒性学により、潜在的リード分子の主要特性の判別に重要な早期の安全情報が得られます。早期臨床開発における毒性に起因する潜在的候補薬物選出を失敗させないようデザインされた探索毒性試験は、初期薬理試験で複数のリード化合物が特定された場合に、開発候補物質の特定に重要な情報をもたらします。探索プロジェクトにおける早期毒性情報は、最適化合物を首尾よく選択して開発段階に移行し、成功の見込みの乏しい化合物を排除します。標的関連毒性学、オフターゲット効果、化合物化学関連毒性学に関する主な情報をすべて考慮に入れます。エキスパートによる文献調査、in vitro、ex vivo、in silicoin vivoにおける早期非GLP(医薬品の安全性に関する非臨床試験の実施基準))探索評価により、受容可能な安全性プロファイルを持つ候補物質の選定が可能になり、医薬品開発における効率を向上させ、また、創薬成功の可能性を高めます。探索毒性試験の一環として使用するアッセイも、細胞・生化学・分子レベルにおける潜在的な毒性機序に対する洞察をもたらし、リスク評価に役立ちます。

エキスパートによる探索毒性試験支援

ProPharma Groupのエキスパートは、バイオマーカーやメカニズムデータ、またこのようなデータが持つ臓器や細胞の治療薬に対する感受性決定能力に対する規制当局の確認事項を理解しております。弊社は、創薬過程の初期における治療候補化合物に関する毒性・探索試験のデザイン、評価、最適化をご支援致します。お客様所有データに加え、弊社は公開情報も利用し、裏付けとなり得るデータを特定致します。ProPharma Groupは、臨床試験開始に向け、in vitroデータや動物データとヒトへの関連性を確立するための支援を致します。一般的な早期探索評価において、弊社は以下の専門知識を生かしたご支援を致します。

  • 作用・有効性評価の機序に関するIn vitroモデルとin vivoモデル
  • 化合物のオフターゲット作用にフラグを立てるCEREP/キナーゼパネル
  • 細胞培養、組織切片、3D組織モデル、臓器チップ
  • In vitroのヒト急速活性型遅延整流カリウムチャネル遺伝子(hERG)と心臓血管試験
  • In vivoの心臓血管、肺、中枢神経系(CNS)、胃腸、腎臓評価
  • In vitroの代謝と薬物相互作用試験
  • In vivoの薬物動態(PK)試験(多様な種類と投与経路)
  • 遺伝毒性に関する定量的構造活性相関(QSAR)評価
  • In vitroin vivoの遺伝毒性試験
お問い合わせ


激しく変化する薬事規制に対応した製品コンセプトの市場導入へのサポートをお求めでしょうか?

戦略的・科学的アプローチを基盤とした30年以上にわたる薬事経験により、お客様を迅速に成功へとお導きいたします。詳細はお問合せください。業界で優位性を確保したいとお考えですか? 弊社が御社の競争力強化をお手伝いをいたします。


すべてのフィールドが必要です。
送信で問題が発生しました。以下にエラーがハイライトされました。